カナダのトロントを中心とする公共交通機関のTCC

カナダ国旗

トロントは公共交通機関が発達していて、ダウンタウンを中心とする交通網をTTCと呼んでいます。料金システムはとてもわかりやすく、片道3ドルです。どこからのってどこで降りても片道3ドルです。たった1駅でも2時間かけて西から東へ移動しても3ドルです。乗り換えをするには、決められたバス停で決められた路線に乗り換える事が鉄則です。そのため、トランスファーチケットを入手する事を忘れない事が大切です。また多くの駅ではストリートカーやバス停と直結してるので何も見せる必要がありません。

毎日TTCを利用する人には「マンスリーパス」という1ヶ月の定期があります。これは日本の鉄道の定期とはかなり違うシステムで、その月の1日から月末まで有効というパスで121ドルという設定になっていて、月に24日以上なにかしら2回以上利用しないと元がとれません。学割も99ドルとなり、20日以上の乗車が必要となります。なぜ3ドルの計算であわないかというと、トークンが20ドルで8枚(または10ドルで4枚)で購入可能で、これにより片道2.5ドルにする事ができるからです。あまりTTCを利用しない人や、マンスリーパスをペイできない人はトークンを使っているようです。また月中にマンスリーパスをクラシファイドに売りに出す人もいるので、月の後半だけ必要な場合は見てみるといいかもしれません。

 TTCは赤字が続いていると聞きますが、そろそろ料金システムの改革が必要なのではと考えずにいられません。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。