カナダのトロントの日本料理店で日本食を楽しむ

カナダ国旗

トロントは人種のモザイクと言われるように多くの人種の人々がいるので、そのぶん様々な食文化を楽しむ事ができます。日本ではあまり見られない中東系やアフリカ系などなじみのない食事もよく目にします。しかし残念ながら日本食を気軽に楽しむ事ができません。それは多くの日本食(を看板にしている)レストランが日本人の経営でなく、中国系のオーナーのことが多いからのようです。

 やはりいくら外国慣れをしても、体が求めるのは日本食・・・と慣れない土地で日本料理やの看板に連れられ入ってみると驚きの連続です。最初に驚いたのは「緑茶」といって玄米茶を出してきた事でした。「これ玄米茶でしょ?」ってウェイトレスに聞くと「ほらグリーンティーって書いてあるでしょ」とパッケージまで持ってくる始末。そう、お店で働く人ほぼ中国系であり日本食についての知識はまったくないのです。それから出てきたすしは、ハマチのはずがすべてピンクの謎の魚だったり、海老はなぜか2枚がさねだったり、きゅうりだけの軍艦巻き(!)と、もはや「日本食」ではないのです。しかし、周りの客たちをみると「日本食を楽しんでいる」雰囲気が伝わってきて、これがこちらのスタンダードだということがよくわかります。

 こうなったらもう別物だと割り切って楽しみましょう。どんなに怒りがこみ上げてきても今後の「ネタ」だと思って楽しみましょう。これは故郷の日本食ではないのです。本当の日本食が恋しくなったらもう一つ0の多いお店にぜひ。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。