FreshCo.、NoFrills、Price Chopperなどのカナダのトロントのスーパーマーケット事情

カナダ国旗

トロントにも大型スーパーチェーンが沢山あり、日々安さを競い合っています。どのスーパーも「最安値!」のように書いてありますが実態は少し違うようです。

Wal-martは皆さんもご存知日本の西友の経営者でもあります。毎日が最安値がうたい文句ですがこちらでは少し上のランクのお店に入るようでかならずしも安いわけではありません。日用品から生鮮食品まで手に入るのはやはりお手軽です。

FreshCo.も安さを売りにしているような看板を出していますが、決して最安値のものがあるようには思えません。そして買い物バッグもすこし高級感があり、大量の買い物をしたときに持ちにくいという難が・・・。ただ牛肉は日本人好みの脂身がほどよくあるステーキ肉が手に入ったりします。

NoFrillsはバナナの看板が印象的で黄色が・・・!価格設定は比較的安いと思います。あまり近所にないので行けないので残念ですが。

Price Chopperは私の中では最低価格保証のスーパーで、Price Chopと黄色の値札がついているものはかなりの安値ではと思っています。アジアの食材も適度に仕入れていて、大根が常に手に入るのがうれしいところ。

なんてスーパー事情について話しましたが、やはり安いのは中華街。野菜・肉の安さはずば抜けていますが残念なのはクオリティ。値段と比例しているという事でしょうか。物価が上昇しているといわれているトロントでもまだまだ食材の値段は日本に比べかなりお得です。自炊をしたほうが全然お得ですよ。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。