カナダへの引越し 国際引越業者と船便業者

カナダ国旗

どこの国への引越しも、身軽に越した事はありません。荷物の輸送はとてもお金がかかるので安くしたければ現地で買う事をオススメします。また、自身の移動の手荷物として持っていく事も可能でありますが、石油価格の上昇から手荷物の重量制限は昨今厳しくなる一方で空港で思いもよらぬ追加料金を請求される事もあるので要注意です。

国際引越し業者を利用した引越しは安心ですがかなりの金額になります。もしこの費用を節約したい場合は、船便業者を利用する事をオススメします。もしダンボール4個程度の荷物であれば、郵便局の船便を使う事もできます。この場合は送る先の住所が確定していなければいけないことと、荷物の状況が確認できないというデメリットがありますが、1ヶ月程度で受け取ることができます。EMSという方法もありますが、なぜかカナダではEMSやFedex, UPSなどの評判が悪く船便と同様またそれ以上の時間がかかるといわれています。

船便業者の場合は、積載容量による課金となり重量は関係ありません。日本では、書類と荷造りが完了したら荷物の引き取りに来てくれます。その後積載量の確認がきて料金が確定します。それから使用する船の名前と日程が伝えられます。船が目的に近くなったら、現地での引受会社に連絡します。そうすると、荷物の到着スケジュールが確認できます。
荷物が到着すると引き取りようの書類が送られてきます。引き受け当日、まず業者への手数料の支払いをすると税関書類に必要な書類がそるので、税関のオフィスに向かいます。そして税関に通関の書類にサインをもらうと荷物の引き受けが可能になります。そして晴れて荷物と再開です。業者に頼んで家まで運搬してもらう事も、自身で引き取る事どちらも可能です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。