カナダのインターネットプロバイダとの契約はデータ量に応じた従量課金制

カナダ国旗

日本でインターネットプロバイダーの契約は、ビロードバンドでADSLまたは光ファイバーの回線契約でインターネットは使いたい放題ではないかと思います。そのため、いくら動画見ようと音楽をダウンロードしようと気にせずできるのですが、ここカナダでは無制限の契約はほとんどなく、使用データ量に応じての金額設定になっています。

日本の携帯電話のパケット従量制と同じで、その月に使用するデータ量を通信回線と同時に契約します。そのデータ量は80Mとかという単位になりますが契約時にはいったいどんな量なのかわからないのが現実です。噂によると動画をあまり見続けるとかなりの追加料金が来るそうです。インターネットで動画を見ないなんて!というのは今日のご時世でなかなかありえないと思いますが、カナダのほとんどの家庭ではインターネット・ケーブルテレビ・一般電話を同一会社にして、ケーブルテレビの回線を利用しているのでは?と思われます。

しかし、インターネットだけの契約だと月60ドルくらいからで、追加料金が発生して100ドル近くとなると日本で光ファイバーを個人宅にひいているような金額になるのが現実です。

私がカナダに来て最初にお借りしたアパートではインターネット込みだったので気にせず使用していたのですが、その月の10日頃には「使用料の60%を越えました」という警告がでました。4部屋でのシェアだったので誰が大量に使ってるのはわかりませんが、その後どんな金額になったのかは居住者は知りません・・・。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。