中国に移住するための定住ビザの申請条件と取得方法

中国国旗

中国には、他の国にあるような「永住ビザ」というのがない。
そのため、中国籍の人と結婚した場合に、中国で長期滞在したくても面倒くさい
事になっているのが現状だ。

そのため、現在では「定住ビザ」というのが存在している。
しかしながら、このビザを取得するには1つ、絶対条件がある。
それは、1年間のうち9ヶ月以上を中国で過ごす事を、5年以上連続で継続している
必要がある。

つまり、「私は、ほとんど中国に住んでいますよ!」という人しか申請できないように
なっている。
そのため、本当に「定住ビザ」を取りたいならば、Lビザ(観光)かFビザ(訪問)で
中国を訪れては、期限が来たら日本へ帰り、またビザを取って中国へ行くというのを
5年以上も続けなくてはいけない。
飛行機代だけでも、かなりの高額になってしまう。

さらには、5年経過したとしても、あくまで「定住ビザ」を取得できる資格が
得られただけであって、必ず取得できるとは限らない。
「定住ビザ」のルールは非常に曖昧で、中国政府の考え方ひとつで必要書類が
増えたり、減ったりするようなものだ。

必要最低限のルールとしては、中国に住所があって(住居がある事)、一定の収入が
あり、5年以上の中国滞在履歴があって、中国籍の人と婚姻関係にある事だ。

元々は、上流階級者向けの一部の投資家しか受給できなかった「定住ビザ」のため
その名残りがまだ少し見え隠れする。それでも、無いよりはマシである。
非常に長期間に渡るビザ取得合戦に勝ち残ってこそ、ようやく受給できるビザである
ため、取得している人もそう多くいない。
そのため、情報も少なく実際には、何度もやり直したりする事であろう。
また、人によって必要書類なども違って来るため、一概にこれでOK!というのも
存在しないのが現状である。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。