中国の批发市场で家具を購入する

家具店

中国に永住するつもりはなくても、ちょっとした机やダイニングテーブルなど必要最低限の家具は必要になります。もともと家具つきのお部屋もありますが、そうでない場合は自分でなんとかしなくてはなりません。それで家の近くにあった、家具屋らしきところに入ってみたのですが、マハラジャや皇帝が使うような家具ばかりで、値段も何百万もするようなものばかりでした。後で地元の人に聞いたのですが、こういうたぐいの家具は、高級幹部へわいろで差し出すためのものだそうです。私たちにはまったく無縁の世界です。

それでお手頃家具を探し求めて、たどりついたのが「批发市场」でした。「批发」とは日本で言う卸売のことです。お店の人の対応は、ものすごく悪いですが、とにかく安いです。日本人とばれると、安くしてもらえなくなるので、お店の人の前では日本語で話さないようにしましょう。ちなみに我が家は新品のダイニングテーブル(180元=2700円くらい)といす1脚(45元=670円くらい)×4と勉強机(110元=1650円くらい)を買えて、普通のところで買うより大幅に安くあがって大満足でした。

「批发市场」で買った後、家まで届けてくれるサービスなどはありません。道端に車に乗ってずっと待っているおじさんたちがたくさんいるので、その人たちに家まで運んでもらえるよう交渉しなくてはなりません。どの人に頼んだらよいか分からない場合は、家具を買ったお店の人がいつも頼んでいる運び屋さんを紹介してもらうといいです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。