中国での就職、転職活動の方法

中国国旗

大抵の場合は、日本企業に勤務している人が、中国の支店へ転勤することで中国に行く事になるケースだと思います。しかし、中には中国に滞在していて、現地にて就職できる所を探す人もいると思います。そんな場合には、もっぱらインターネットでの就職活動が一般的です。

中国には多くの日系企業が進出していて、現地の日本人を募集している企業も数多くあります。そういう企業は、例外なくインターネットでの募集をしています。

ネットで検索すれば、星の数ほど募集があるのが分かると思います。また、中国にある日本人街のような場所にある飲食店などにも、日本人採用の募集記事などが書いた雑誌などがあったりします。

企業は、飲食店から工場勤務、日本語教師やWEB開発関係などのクリエイティブな系統まで、ジャンルも幅広いので就職で困る事はないでしょう。

日本企業も、現地日本人の方が給与面で安くなるのでメリットが大きいのです。
日本から転勤したような日本人だと、住居代やら保険やら手当やら、、で、通常の給料プラス諸経費が重なってしまうため、現地の人を採用したがっています。
なので、よほどの事がない限りは、日本人であればほぼ間違いなく就職できてしまうはずです。

ただ、中にはせっかく中国にいるのだから、中国の会社で働きたいと思っている人もいるかもしれません。
しかし、これはおすすめできません。
理由は、給料が信じられないくらい安い。日本人というだけで、同僚からあまり良いように思われない。福利厚生がほとんどない。当然中国語が堪能でなければならない。などの理由から、ちょっとやる気にはなりません。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。