中国で大流行しているQQでインターネット電話やメールをする

中国国旗

中国にいて、現地の携帯電話はよく使うが、固定電話はほとんど使わない。
理由は、中国には「QQ」があるからだ。

この「QQ」とは、中国に長く滞在した事がある人ならば、必ず知っている
であろう存在である。
もちろん、中国人であれば誰でも知っており、ほとんどの中国人がアカウントを
持っていると言われている。
(アカウント数は10億前後あるとのこと)

この「QQ」というのは、skypeのようなネット通話ができるのだが、それ以外にも
ゲームや、音楽、映画なども見ることができて、今のgoogleやfacebookに
近いものがある。

しかし、中国において、この「QQ」の浸透ぶりは凄いものがある。
普通、初対面で御飯などを食べにいったりして、また会いたいと思ったら、
自分の携帯番号を教えたりするのが一般的だが、中国人は「QQ」のアドレスを
交換するのが一般的。
このアドレスがあれば、「QQ」を使ってメールや会話が楽しめる。
また、ゲームなどにも連動していて、友達と一緒にオンラインゲームができたり
もする優れものである。
しかも、ほとんどの中国人がこの「QQ」のアドレスを持っているというのが
メリットが大きい。

中国では、youtubeやtwitter、Facebookがインターネットで見ることができない。
その反面、こういった中国独自のネット文化が生まれているのだ。
この「QQ」があれば、たしかにyoutubeもtwitterもFacebookも必要が
ないくらいに、この「QQ」のコンテンツは充実している。
しかも、すべて無料である。

さらには、ビジネスにおいても、名刺代わりに「QQ」のアドレスを交換するくらい
になってきている。
とりあえず、中国に長期滞在するのであれば、まずは「QQ」のアカウント入手から
始めたい。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。