中国のタクシー事情

中国国旗

日本と同じようにメーター付きのタクシーは、中国でも同じように走っている。
しかし、模造品大国の中国では、このタクシーまで偽物まがいのものがある。
普通に自分の車をタクシーのように使う人である。
当然正規のタクシーではないため、あまり公には営業していない。しかし、料金は
非常に格安だ。
メーターなどないため、基本的には価格交渉によって決まる。
主に、長距離での場合が便利だ。
あらかじめ、料金を決めておけるので、メーターを気にする必要が無い。また、
途中で「待っておいてくれ」と言いながら、他の店に行く事も可能。
また、こういったタクシーは、人を乗せれば乗せるだけ自分の収入になるため、
私が乗っているにも関わらず、他の人を乗せたりもするから驚きだ。
さらに、人間だけでなく、荷物まで乗せたりする。
いわゆる宅急便のような感覚だ。
目的地へ行く途中で、道を変えて違う所へ行ったと思ったら、宅急便の荷物を
運ぶためだった、、というのはよくある事だ。
これが、メータータクシーだったら、金額が変わってくるので、けんかになる所だ。

また、正規のタクシーであっても、あまり場所を知らない人が多いのも特徴。
日本では考えられないが、「○○○へ行ってくれ」と言ったら、
「どの辺にあるんだい?」と聞き返される事もある。
しかも、これがお金を払って乗る車なのか?と言いたくなるくらい、車内が汚い。
というよりも、車が古いと言ったほうがいいのか、、。

中国では、タクシーは高価な乗り物になるので、あまり一般庶民は乗らない。
もっぱら、バスが定番である。
それでも、タクシーが活躍しているのは、もっぱら一部の上流階級向けか、
外国人向けになる。
特に、日本人はお金の支払いに関して文句をあまり言わないので、人気が高いようだ。
大抵のホテル前には、数多くのタクシーが停まっている。
実は、タクシー会社とホテルというのは繋がっていて、どんな客が泊まっているのか
だいたい把握している。
日本人の多いホテル前には、タクシーが必ず多いのはこのためである。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。