広州ではゲリラ豪雨に注意

中国国旗

 広州では毎年4月~10月頃にかけて、よく突然の雨が降ります。日本で言うところの「ゲリラ豪雨」みたいなものです。1回約1時間くらいに、ビックリするほどの強い雨が降るのです。ですから、いつでも雨が降っても大丈夫!な対策をしておきましょう。
 まず、カバンにはいつでも折り畳み傘を入れておきましょう。広州の日差しはとても強いですから、普段は日傘として、雨の時には普通の傘として使えます。こちらでは裏がシルバー、表がいろいろな柄・色の傘が売られています。値段は30~40元で買うことができます。

 次に、水たまりに気をつけましょう。こちらの排水システムはいまいちで、しかも一度に多量の雨が降るので、排水が追いつきません。すると、道路の端にある排水溝周辺から巨大な水たまりができてきます。その他、バス停などもかなり水が溜まりやすいので、バスに乗る時は来たバスに水をかけられてしまわないようにしましょう。

 それから、靴ですが、はっきり言って、良い物は履かないほうがいいかもしれません。せっかくの素敵な靴も、一気に水浸し、あっという間に台無しになってしまうこともあります。仕事の日なら仕事場でよい靴に履き替えて、通勤には適当な靴にしたほうがいいかもしれませんね。また、休みの日なら、水たまりがあっても平気!というサンダルがお勧めです。偽クロックスなどは穴も開いているし、すぐに洗えて楽です。ただ、水たまりに足が・・・というのが難点ですが、帰ってきてからしっかり洗えば大丈夫です。
 後は雨が止むまで喫茶店でゆっくりするなど、慌てないことが一番です。気まぐれな広州の空模様と仲良くやっていきましょう!



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。