広州版Suica、交通カードの羊城通(ヤンチェントン)の買い方と使い方

中国国旗

 広州に住む時にぜひ欲しい物のひとつに、交通カードがあります。広州版Suicaといったところですね。このカード、広州市内及び周辺を移動する時にはとても便利な物なのです。
 さて、正式名称「羊城通(ヤンチェントン)」というカード、ICチップ内臓で、公共の乗物に乗る時に使えます。バス・タクシー・地下鉄・フェリーですね。例えばバスに乗るには、おつり無しの小銭で前払いがほとんどなので、小銭がない時はとても困ります。また地下鉄も、切符売場はいつでも混んでいるし、機械も使いにくいです。
 このカードは、いくつか種類がありますが、一番便利なのは普通のカードです。地下鉄駅、コンビニなどで買うことができます。無記名式ですから、買うのも簡単、すぐに使うことができます。そこでデポジットの30元を払い、お金を入金します。入金単位は50元です。
 さあ、カードを手に入れたら、実際に使ってみましょう。バスなら運転手さんの横にカードを当てる場所があります。地下鉄なら改札口ですね。ピッ!と当てるだけなので、楽チンです。使用回数が増えると、割引も適用されます。タクシーは車によって使えたり使えなかったりなので、後部座席横のステッカーを確認しましょう。
 このカードの便利なところは、コンビニで買物ができることです。広州の主要コンビにはセブンイレブンですが、ここならお会計もピッ!で済ますことができます。チャージ(入金)もここで簡単にできて便利ですね。
 もし、何かの理由で壊れてしまった場合は、市内11ヵ所にある修理センターへ持っていけばOKです。いらなくなった場合は、地下鉄主要駅などの窓口で「退卡」すればデポジットが戻ってきます。これを使って、あちこち気軽に行ってみましょう!



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。