広州での毛毛雨(マオマオユ)の時期の湿気対策

中国国旗

 広州は3月から4月にかけて、霧雨の日が続きます。ちょうど季節の変わり目なのですが、寒かったり暖かくなったり、まるで日本の梅雨を思わせる天気です。この霧雨、中国では「毛毛雨(マオマオユ)」と言います。なかなか可愛い名前なのですが、生活する上では、ちょっと困り者なのです。

 まず、連日の雨で、部屋の中が湿気っぽくなります。しかし、ここで換気をしようと窓を開けたら大変です。湿度の高い空気ですから、余計に湿気っぽくなります。こんな時は、窓をしっかり閉めて、エアコンのドライを点けましょう。その時は、クローゼットも扉も開けておきましょう。中のものがカビだらけ、なんてことになりやすいですから、扇風機で風を当てるのも良い方法です。

 外の気温が高くなったら、室内の、特に水周りには気をつけましょう。外は暖かくなっても、建物はまだ冷たいまま、温度差ができて結露が発生します。トイレのタンクや浴室の床は特に注意が必要です。そのままにしておくと、滑りやすくなって危険ですし、室内にも湿気がまわってしまいます。面倒ですが、マメに拭き取ることをお勧めします。

 中国でもここ最近は、日本ではおなじみの押入れ用湿気取りが簡単に買えるようになりました。値段もお手頃なので、ここは惜しみなく、クローゼットにどんどん使いましょう!また、除湿機も以前に比べて買いやすくなってきました。外に洗濯物が干せない時、小さめの部屋に室内干し+除湿機なら、嫌な臭いも付かず、すぐに乾いてくれます。いろいろな方法で、日本以上に面倒なこの時期を乗り切りましょう!



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。