上海の交通カード「上海公共交通卡(シャンハイゴンゴンジャオトンカ)」

中国国旗

 上海に住む時にぜひ欲しい物のひとつに、交通カードがあります。上海版Suicaといったところですね。このカード、上海市内を移動する時にはとても便利な物なのです。

 さて、正式名称「上海公共交通卡(シャンハイゴンゴンジャオトンカ)」というカード、ICチップ内臓で、公共の乗物に乗る時に使えます。バス・タクシー・地下鉄・フェリーですね。例えばバスに乗るには、おつり無しの小銭で前払いなので、小銭がない時は近くのお店で何かを買って小銭を作ったりと、とても面倒です。小銭は1元硬貨が主流なので、お財布も重くなりがち。また地下鉄も、毎回切符(カード)を買うのが大変です。
 このカードは、いくつか種類がありますが、一番便利なのは普通のカードです。地下鉄駅、交通銀行、一部のコンビニなどで買うことができます。無記名式ですから、買うのも簡単、すぐに使うことができます。そこでデポジットの20元を払い、お金を入金します。入金上限額は1,000元ですが、普段使うなら100~200元もあれば充分でしょう。入金単位は10元です。

 さあ、カードを手に入れたら、実際に使ってみましょう。バスなら運転手さんの横にカードを当てる場所があります。地下鉄なら改札口ですね。ピッ!と当てるだけなので、楽チンです。タクシーなら降りる時にカードを渡せば、それで処理してくれます。
 もし、何かの理由で壊れてしまった場合は、市内5ヵ所にある修理センターへ持っていけばOKです。いらなくなった場合は、地下鉄主要駅などの窓口で「退卡」すればデポジットが戻ってきます。これを使って、あちこち気軽に行ってみましょう!



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。