中秋節(ジョンチョウジエ、ちゅうしゅうせつ) 旧暦8月15日(9月中旬~下旬)

中国国旗

 日本では秋になると十五夜がありますね。ここ中国でもお月見を楽しみます。旧暦8月15日(9月中旬~下旬)の「中秋節(ジョンチョウジエ、ちゅうしゅうせつ)」には、3連休になります。

 中秋節が近づいてくると、スーパーやパン屋さん、専門店やホテルなどでは「月餅(ユエビン、げっぺい)」を売り始めます。この月餅、種類や大きさが豊富で、選ぶのにとても苦労します。基本的に箱入りで、4個~8個くらい入っています。大きさは10cm前後が多いですが、中には3cmくらいの小さなものもあります。中身は、普通のあんこに白あん、ナッツやドライフルーツ、塩漬け卵の黄身、高価なものでは金華ハムやチャーシュー、あわびなども入っています。重さにして1個100~200gはあります。

 基本的に月餅は、いわゆるお遣い物で、日頃お世話になっている方に贈ります。でも、それだけではなく、勤務先によっては、会社が従業員に配ることもあります。でも、上記にもあるように月餅はけっこう重いので、持ち帰りがちょっぴり面倒です。
 家では家族みんなで、1個を切り分けて食べます。月餅の皮には油が多く含まれ、中身も糖分がかなり高いので、食べ過ぎると胸焼けをしたり、太ったりしてしまいます。気をつけなければいけませんね。

 家であまり食べない人は、頂いたものをそのまま、別の人への贈り物にすることもあります。ただし、絶対に使い回しをしない月餅があります。それは、ハーゲンダッツの「アイス月餅」です。これはどの人に聞いても、もらったら自分たちで食べる、とのことでした。高級アイスクリームは、普段あまり自分では買いませんからね。これ、本当においしいですよー!!



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。