中国でのプロパンガスの申し込みと手配

中国国旗

住む部屋にもよりますが、ここ中国ではまだ完全に都市ガスにはなっていない所もたくさんあります。特に都市郊外や田舎では、プロパンガスの部屋がまだまだ多いのが現状です。

さて、そんな部屋に住む場合、どうしてもしなければならないのが、ガスの手配です。連絡先は通常、大家さんが教えてくれると思いますが、まずは電話で配達員を呼びます。やはりここでも中国語での会話になりますから、最初は近所の人やアパートの門の警備員の人に助けてもらうのも良い方法です。その際は、例えば「不好意思、我不会中国語、没気、要充気(ブーハオイースー、ウォブーフイツンゴーファー、メイチー、ヤオジュウチー。すみません、私は中国語が話せません、ガスがありません、ガスの補充が必要です)」などと言い、ガス屋さんの電話番号と、部屋の住所を書いた紙を見せればOKです。そうすれば、助けてもらえると思います。なるべく自分で、という場合は、がんばって最低限必要な言葉を覚えましょう。

次に、配達員が空瓶を取りに来るのを待ちます。午前中に来てもらったら、夕方には補充品を配達してもらえます。午後なら、配達は翌日の午前中が多いです。その場合、小さいガスタンクを借りることもできますから、それを持ってきてもらうことも電話でしっかり伝えるといいですね。

 こちらでは日本でよく見かける大きなタンクはなく、高さ50cmくらいのものが中瓶、80cmくらいのものが大瓶と呼ばれています。中瓶で85元前後、大瓶で120元前後です。支払いは補充品配達のときにします。取付もきちんと配達員がしてくれるので、自分でする必要はありません。安心ですね。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。