桶水(トンシュイ) 中国のウォーターサーバー

中国は日本と違い、水道水をそのまま飲むことができません。では、どうしたら良いでしょうか。まず、水道管に浄水器を取り付ける方法があります。台所だけ、浴室もなど、取付箇所も選べます。もちろん大きさや取付数によって、値段も変わります。大都市に住んでいるなら、日系の会社もあり、アフターサービスなども安心です。

しかし、少し都市部を離れると、日系の会社もなく、浄水器の取付に苦労することもありますから、そんなときは、ウォーターサーバーとタンクの飲料水を使うことをお勧めします。中国ではこのタンクの水を「桶水(トンシュイ)」と言います。桶水は約19リットルで、1本16~20元くらいです。近所の桶水屋さんへ行き、タンクのデポジット「押金(ヤージン)」を1本分40元前後払います。この時にもらう領収書はしっかりと取っておきましょう。必要がなくなったときに、空のタンクと一緒に領収書を出せば、デポジットは戻ってきます。

桶水は1本からでも買えますが、まとめて10~20本買うと1割引きや、ウォーターサーバーをプレゼントなど、お得なこともよくあります。まとめ買いと言っても、配達されるのは押金を払った分のみなので、タンクが空になったら電話をして配達してもらいます。
電話は基本的に中国語ですが、お店によっては顧客番号で管理をしているので、意外と楽です。番号を伝えて、相手が住所と本数の確認をしてくるので、慣れてくれば最低限の中国語で十分通じます。相手も「ああ、あそこの外国人だな」と分かってくれることもよくあります。

 最後に気を付けたいのが、タンクを乗せることです。女性にはけっこうきつい作業ですから、配達のおじさんにジェスチャーで伝えて乗せてもらうのも良い方法ですね。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。