上海ヤオハン(中国名:八佰伴)

 上海で日本人が買物をする場所のひとつに「ヤオハン(中国名:八佰伴)」があります。浦東新区にあり、地下鉄2号線「東昌路」、9号線「商城路」から徒歩2~5分で行くことができます。また、周辺にいくつもバス停があるので、バスでも簡単に行くことができます。
 ここは基本的にデパートです。1階は化粧品売場になっていて、各国有名ブランドのブースがたくさんあります。日本のブランドも中国では人気ですから、資生堂を始め、何社か入っています。 2階より上は服がメインですが、日本人に向いているお店は少ないです。
 さて、ここでのメインは地下、スーパーマーケットです。デパートだけあって、値段は普通のスーパーに比べて若干割高ですが、品揃えは決して悪くはありません。輸入食品が多く、日本からのものはもちろん、韓国、欧米のものがあります。
 そして、見逃せないのが「伊藤ハム」です。中国のソーセージは、やはり中国風の味付けになっていますが、伊藤ハムでは日本の味で売っています。味だけでなく、食感もパリッとしたもので、値段共々納得できるはずです。
 また、魚コーナーでは、お刺身やお寿司が売られています。油の多い中華に飽きたら、日本のさっぱりとした味が恋しくなったときには、とても助かりますね。デリコーナーでは焼き鳥やお弁当もあり、単身赴任、家族帯同、どちらの方にもぴったりです。
 その他、山崎パンも出店しています。店内のオーブンで随時焼いていますから、新鮮な焼きたてのパンが買えます。
 デパートとしてではなく、スーパーとして行くには便利なヤオハン、お勧めです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。