中国のエレベーター事情

日本ではエレベーター無しの団地というと5階建てをイメージしますが、中国では7階建ての団地にも、エレベーターが付いていない場合が多いです。エレベーターがついていないマンションの利点は、管理費が安いことですね。逆に不利な点は、もし7階に住む場合、毎日の上り下りが大変なことに加え、引っ越しが大変です。エレベーターが付いている場合と、そうでない場合は、引っ越し代もかなり違ってきます。

エレベーターが付いているマンションも油断できません。日本に比べると、なんの通知もなく突然電気が止まることがあるので、出来たらあまり高層階には住みたくないですね。

中国で住むようになって最初のうちは気付かなかったのですが、ある時エレベーターに乗っていて、発見がありました。その日、一緒に乗っていたおばさんが、階を押し間違えました。おばさんは12階に行きたかったのに、9階を押してしまったんです。そのあとおばさんは9階のボタンを連打し始めました。するとなんと9階のランプが消え、9階には止まらなかったんです!!

それからというもの、わざと間違った階を押して試してみたのですが、押し間違えを本当にキャンセル出来るんですよ!これには驚きましたね。ほかのマンションのエレベーターにのった時も、試してみたのですが、そこでも出来ました。ちなみにエレベーターに乗り、1階を押して、下に降りている途中で、1階を連打すると1階のランプが消え、ついでにエレベーターが止まるんですよ。そのあと1階を押すと、また動き始めました。目的地の階までキャンセル出来るなんてすごいですよね。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。