中国で交通事故に遭わないために

中国で生活するようになって驚くのは、日中の交通マナーの大きな違いです。中国では、歩行者よりも車が偉いです。歩行者が青信号で、横断歩道を渡るときでも、車がクラクションを全開でならして、歩行者の足を止めさせて無理やり突っ込んできます。日本ではこれはマナー違反ですが、中国では正当な行為です。

そもそもクラクションを鳴らす意味も日本と中国では異なるんですね。日本では、危険な割り込みなどへの「抗議」の意味で、または乱暴な車が「威嚇」の意味でならすことが多いですよね。でも中国では、急な飛び出しによる、出会いがしらの事故が多いので「事故防止」のためにならすことが多いです。これには、中国の歩行者も関係しています。中国では、信号のない場所でも大通りを自由に横断します。左右を確認してからわたる人は少なくて、渡ろうと思ったら急に向きを変えて、通りを渡り始めます。それで、車の運転手は、「自分は今この道を通っているから、ぶつかってこないでね」という「事故防止」の意味を込めて、クラクションを鳴らします。

青信号で渡っているのに、クラクションをたくさんならされて不愉快な日本人もおられるでしょう。でも、むやみにクラクションを鳴らされなくてすむ方法があります。右折や左折で自分の方に、向かってくる車やバイクのドライバーと目線を合わせて下さい。目があえば、ドライバーは、歩行者であるこちらが自分に気がついたことを知るので、クラクションは鳴らしません。目線を合わせる方法試してみて下さいね。快適に横断できるようになりますよ。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。