エクアドルの主食はとうもろこし? お米?

主食として、海岸地方ではお米を食べ、山岳地方ではとうもろこしを食べる、とされています。よく、海沿いで休暇を過ごした観光客の人々は、米ばっかり食べて飽きた、と言いますが、標高が高いところでは、ありとあらゆる種類のとうもろこしがお試しできます。とうもろこし、といっても、5種類くらいあるらしく、日本で見られる一般のスイートコーンも、もちろんありますが、もっと頻繁に食べられるのが、色がもっと白っぽくて、粒の形も丸く、先がちょっとポインティーでとんがっており、かわいらしい見た目のコーンです。味は、スイートコーンより甘みが薄く、主食として飽きがなくちょうどいい感じです。

とうもろこしの調理方法も、揚げたものから、蒸したもの、茹でたものといろいろです。なかでも、乾燥さしたあとに、砕いたかたちのコーンを、スープなどに入れて調理したものが、とても珍しい食感で美味しかったのですが、スーパーなどでは、売っていないそうで、山岳地方の家庭料理のみで見られる品物だそうです。

とうもろこし

お米は、ここでは湿地帯で、田んぼなしで育つそうで、海沿い方面に行くと、頻繁に食事に出てきます。日本の調理方法と一緒ですが、食感は、どうしてもぱさぱさと乾燥していてます。自宅で鍋でふかす場合には、日本や他の国のお米よりもお水を多めにいれて、時間も1.5から2倍くらいかかるので、できたと思っても芯がまだあったことが何度もありました。弱火でゆっくり煮て、その後も十分な時間で蒸らしてください。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。