エクアドルの飲み物

まず、飲み水ですが、ミネラルウオーターを購入しましょう。水道水は、バクテリアだらけなので、沸騰させる意外は、決して飲まないように。飲食店でも、“シン イエロ”―アイス抜きを頼みましょう。

果物の豊富なこの国では、ぜひフルーツジュースをお試しください。飲食店などで、“フーゴ デ フルッタ”というと、100%果実を水と砂糖で割った物が飲めます。たまに、“プーロ”といって、100%果実のみの物も、頼めます。ミルクシェイクが好きな方は、“バティード”と、頼みましょう。いろいろな、種類の果物が、試せますが、マラクージャというシトラス系の見た目もおもしろいフルーツと、トマテ デ アルボル、というオレンジのような梨のような味の果物が、私はお勧めです。

コーヒー豆の育つ国で有名ですが、カフェなどでコーヒーを頼むと、ちょっとがっかりした結果に、ネスカフェを沸騰したお湯の入ったマグに、自分で入れる形の飲み物が出てきます。ただし、ここのネスカフェは2倍ほど強いので、ティースプーン一杯弱で十分です。淹れたてのコーヒーを頼むときは、“ティント”と付け足しましょう。ティントは、スペインでは赤ワインですが、ここでは、コーヒー。

お酒は、ビールやワインの他、チチャという、トウモロコシを発酵させた飲み物が、お試しできます。原料には、トウモロコシ、イースト、砂糖。どれだけ強いのかと聞くと、皆、口を揃えて、作り具合による、と言います。特に定まってはいませんが、ビールかそれよりも少ないかくらいでしょうか。あとはサトウキビのリキュール、いろいろな種類の物がありますが、アグアルディエンテというものは、度数が60から90%と、ものすごく強いホームメイドのお酒です。二日酔いには、フルーツジュースと、スパイシーフィッシュスープなどで、目を覚ましましょう!



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。