フィンランドならではのサウナ

フィンランドと言えば、オーロラ、サウナ、マリメッコ、イッタラ等々思い浮かぶと思います。

その中で、サウナを今回はご紹介したいと思います。
一般の家庭でもほぼ備え付けてあります。日本のサウナと違い、石に水をかけて蒸気がでるもので、体感温度をあげるそうです。白樺の葉で体を叩いてマッサージ効果もあるそうで、お店でも売っています。体験してみたいと思いつつ、葉っぱが痛そうでまだ未経験のまま・・・
デトックスはもちろん女性には嬉しいお肌の保湿や髪の毛にもよいとか。
お店には、サウナ用のアロマオイルも扱っていて、色々なオイルを常備していてその時の気分で違う香りを楽しみながらリラックスできます。

我が家では、ほぼ毎日入っています。湯船がない分心身共に温まりリフレッシュできるからです。
なかなか汗をかかない冬に、汗をかけることは本当に気持ち良いですし、極寒の外から帰った時体が冷え切った時に、ちょっとサウナに入ってみたりしています。
子供達は、アイスを持ち込んで食べたりもしてますが温まるので喜んで入っています。日本のサウナではなかなか子供は長時間いられないですよね。

 地元フィンランド人は、森の中にコテージを持っており夏には長期間滞在するそうです。
私達も何度かお邪魔したことがありますが、電気ガスがないというコテージも多くあり、サウナは薪で石を熱して入ります。これもまた電気と違い柔らかく木のとても良い香りがして最高です。
 サウナパーティーというものも催され、夜が明けるまでビールを飲みながらサウナに入りお喋りをするというもの。暑くなったら、目の前の湖に入ってまたサウナに入り・・・とはいえ、日本人は真冬はそんなことは出来ないと思いますが・・・
ビールを始め、コスケンコルヴァという高いアルコール度のお酒までもたんまりのんで汗を流すのは格別なんでしょうね(私はそこまで飲めません)
 仕事上での接待でも、サウナでなんていうこともあるそうで。会議室ではなくサウナでという感じでしょうか。
 ちなみに、電気なしなのでお料理は外でバーベキューや薪オーブンを使います。また、夏は夜中まで明るいのですが、部屋の中は蝋燭をともします。水道もないので、お風呂は湖の水、トイレは木のくずをかけたり、飲み水は持ち込んだり山の水だったり。
またこのコテージでの生活は他の記事でご紹介します。

 このサウナ、なんとパイバコティ(保育園)のプールにまであります!
プールに入った後サウナに入るのだとか。一般のプールにももちろん備え付けられていて小学校でプールに泳ぎに行くと最後にサウナに入って終了だそうです。
 公共サウナというものもあり、カルチャーイベントも開催されたりと魅力的です!

 サウナ世界選手権大会という110℃のサウナにどのくらい我慢できるかというものもあったそうですが、死傷者が出て中止となったそうです。
ついでにフィンランド主催の世界選手権は多数あり面白いものが沢山!
”携帯電話投げ世界選手権大会””奥様運び世界選手権大会””寒中水泳大会”とか”エアギター選手権大会”等々。是非見てみたい・・・

 何はともあれ、フィンランド人にとっては、切っても切れないサウナ、我が家も皆、必需品になっています。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。