フィンランドのクリスマス

 フィンランドでは、ハロウィンの時期にはお店にちらっとしかイベント用品がおかれておらず、その代わりクリスマス商品は目白押しです。
 日本でいうお正月のように、クリスマスは家族で祝うのが普通だそうです。
お店もクリスマス前後は完全に閉まってしまいます。

 サンタの国ですので当たり前と言えばそうかもしれません。
クリスマス近くになると、広告にサンタ出張サービスというものが出てきて、お願いするとサンタさんが家やイベント会場まで来てくれます。
 サンタクロース村があるロバニエミに行けば、日本語も話すサンタさんがいるとか。

 クリスマスには、朝はミルクお粥から始まります。この中にアーモンドを一粒忍び込ませ、それに当たった人は願い事が叶うとか。
 メインはチキンではなく、豚肉のハム(一晩オーブンで焼いて何日もかけて食べるそうです)、ロソッリサラダ、人参やジャガイモのグラタン等々を食べます。ケーキはショートケーキではなく またジンジャークッキーや、Joulutorttutoという真ん中にプルーンを載せて風車のような?星の形にさせたパイが主流です。
 学校でもパイバコティでも、ジンジャークッキーを作ってきましたし、デパートのイベントでも体験させてもらえるほどでした。
 フィンランド人は、この準備の為何日も前から大忙しだそうで、日本のおせち作りで母が忙しいと言っていたのを思い出す情景です。

 クリスマスツリーは、森を持っている人は森からとってきたり、生のもみの木をそのまま売っているお店もその時期だけできます。なかなか大きいお家じゃないと入りきらないほどの大きいツリーが完成しとても見事です。1月6日の公現祭という祝日まで飾られるので、日本の様に慌てて片づけてお正月の準備!ということはありません。ツリーを思う存分楽しめます。

 ツリーには、松ぼっくりで作った飾りをつけるイベントもありました。
 パイバコティでは何故か外の寒い中でゲームをしたり、歌を歌い、コーヒーやジュースと一緒にプッラを食べるクリスマスイベントがありました。
 小学校では、子供たちが学年別に劇や歌を披露してくれるイベントが開催されました。日本語補習校にも本物のサンタさんがやってきてプレゼントを配ってくれたり学年別に出し物をしたり。
 外国人の集うクラブでも各国の歌や踊り等々披露し、クッキーやケーキを食べて楽しみ、サンタさんから子供たちはプレゼントをもらい。
と、なかなか普段は会わない学年の違う子たちにも会えて、子供たちにとってはもちろん、親も楽しむことが出来る企画が沢山ありました。

 日本のカラフルなイルミネーションとは違って、ヘルシンキであっても電飾の色は一色ですが、シンプルで暖かい色合いで、とても素敵です。また、フィンランド人のお宅には、窓辺にろうそく型のランプをともしているので、とても冬の暗い時期には心温まるアイテムの一つであり、私も早速買ってしまいました。日本の様な蛍光灯ではなく、家の中は薄暗い(日本人の私から見たら)ので、間接照明やろうそくをふんだんに使っています。

 クリスマスのイベントが終わると大晦日。年越しには、年に一度だけ一般の人が花火をあげてよいらしくあちらこちらで花火の爆音が聞こえてきます。年越しはどんちゃん騒ぎの日の様で皆飲んで花火をあげてというお祭り騒ぎでした。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。