フランスで結婚式に参加する時の服装やご祝儀・習慣

フランスで結婚式に参加される場合には、日本の様な結婚式の衣装とは違ってラフな格好でも構いません。
せっかく招待されたからと、気合いを入れて着物などで参加してしまうと後々にとても大変な目に遭います。
フランスでは結婚式の後には祝い酒が振舞われて、その後には皆で食事をしつつ、明け方まで歌ったり踊ったりの宴会が催されます。
なので、絞め付け過ぎずに体がラクな、それでも少し華やかさのあるワンピ-スなどがおススメです。靴も疲れない靴が良いです。

男性も日本の様な、白ネクタイなどは着用せずにス-ツに、オシャレなネクタイなどで気軽に参加出来ます。
絶対にス-ツでなくてはいけないと言う決まりもないので、長時間の宴会にも耐えられる様な服装で構いません。

結婚式でのご祝儀ですが、日本の様な明確な基準はありません。
通常は、「リスト・デ・マリア-ジュ」と言って、新郎新婦が結婚祝いにこれが欲しいと言う物がリストアップされています。
それを見て、自分の予算に合わせた物を購入するか、高額な品しか残っていない場合には、自分が払える分だけのお金をリストがあるお店に払っておきます。
そうしますと、他にもお祝いの品を買いに来た方々が同じ様に自分の予算をそこで払ってくれます。

中にはリスト・デ・マリア-ジュを作らずに「ご祝儀回収派」の新郎新婦も存在します。
例えば、既に2人で一緒に住んで居るので、家財道具は全て揃っている場合には、小切手や現金でお祝いを頂いて後で使おうとか言う場合です。

この場合は、お祝いの会場の中に、現金や小切手を入れる為の箱が作られています。
日本の様な熨斗袋は存在しませんので、通常の封筒にお金や小切手を入れて、きっちり封をしてから表に自分の名前を表記します。
これを忘れると、現金の場合には新郎新婦は誰がくれたのか見当が付かなくなってしまいます。小切手は見ればわかるのですが名前は書いておきましょう。

フランスでは近所に住んで居る顔見知りが結婚する時などには、祝い酒にだけ呼ばれる場合があります。
その場合には現金でのご祝儀は不要です。お祝いの品は。気持ち程度のアレンジメントフラワ-などを持参すると良いです。
服装も、普段着のままで全くかまいません。祝い酒の後には、親族や親しい友人達と食事会&ダンスパ-ティ-が開かれますので、時期を見て帰ると良いです。

食事時間も長く、宴会も長いですが新郎新婦と一緒に、楽しく過ごして下さい。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。