フランスでのクリスマスの過ごしかた

フランスでは、クリスマスは家族と過ごす大切な日です。

クリスマスには、カトリックの国フランスでは、家族で集まって盛大なお祝いをします。
賑やかなのが大好きなフランス人は、おじいちゃん&おばあちゃんも一緒に、おしゃべりをしながら、ゆっくり食事を楽しみます。
普段は離れて生活している子供達でも、クリスマスには必ず、家族へのプレゼントを抱えて、実家へ帰って来ます。
12月24日は帰省ラッシュで交通機関は賑わっています。25日は祭日の為に、全てのお店とレストラン、観光スポットが閉まります。

12月中の日曜日は、大概の店がクリスマス商戦の為に開店しています。
ですが、24日になると閉店時間も、普段より早くなり25日には完全に閉まってしまうので、買い物には十分に注意しましょう。

24日・25日は教会でクリスマスのミサが行われます。基本的にミサはいつでもどこでも無料です。
地域にもよってミサの時間が違いますが、大体は24日の夜・深夜・25日の午前中の、いづれかによります。
教会内には、この時期にしか見る事のないデコレ-ションなどが姿を現します。キリスト教の信者でなくてもミサに参加出来ます。

クリスマスが近づくと、ドアに飾るリ-スを作ります。これがないとサンタが来てくれないんだそうです。
家の中には大きなツリ-が飾られます。ツリ-の根元には家族へのプレゼントが置かれます。
ツリ-はス-パ-や花屋、ガ-デニング用品店などで12月になると生木が売られる様になります。
この生木は使い捨てなので、クリスマスが終わったら地域のゴミ分別法に従って処分しましょう。

クリスマスのお料理は、生ガキやフォアグラ、スモ-クサ-モン、オマ-ルエビ、ヨ-ロッパ手長エビ等の海の幸が使われます。
メイン料理には七面鳥が一般的ですが、シャポンと呼ばれる大きな鳥も手に入りやすいです。柔らかくて美味しいのでクリスマスに人気です。
七面鳥は、各家庭でそれぞれの味があり、中に栗を詰めるオリジナルレシピなど豊富なので、料理好きの方には最高だと思います。

フランスでは、一般的にプレゼントは買ってから自宅で自分で包装します。
その為に、お店にはたくさんの包装紙やリボンなどが売られています。子供用のキャラクタ-付きの物やシンプルなものなど様々です。
オモチャ屋さんや高級品店などでは、包装してくれる所もありますが、有料の所が多いです。日本人と違い包装するのが上手ではありません。
包装して貰った商品を見てがっかりされる事も珍しくないと思いますので、ご自分で包装された方が良いかも知れません。
日本の100円ショップなどでラッピング用品をまとめ買いされておくのもおススメです。

クリスマスが近付くと、冬季限定のチョコレ-トが並びます。
シャンパンやカフェなどと共に、家族みんなで食べられる様に大きい箱入りの物など色々な種類があります。
この時期に、友人や知人の家にお呼ばれした時には、手土産として持参すると喜ばれます。

クリスマスの食事にお呼ばれした場合は、食事会が朝まで続きますので、食事とお酒はゆっくり頂く様にしましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。