フランスでの銀行口座開設の方法と手続きの流れ

フランス国旗

パリの銀行で口座を開設するにあたり、フランス語会話がかなりできる方であれば家の最寄りの銀行を選ぶのがよいでしょう。
渡仏して間もなく、ネイティブの話すスピードではついていけない、という方には日本人スタッフのいる銀行をオススメします。
どちらにせよ共通するのは、まず口座開設の予約をとらなくてはいけません。
日本のように突然銀行に出向いてその日のうちに口座開設、というわけにはいかないのです。
ですので、電話あるいは直接訪問し、予約をしましょう。その際に必要な書類を確認しておくとよりスムーズに進みます。
日本人スタッフのいる銀行は、ル・クレディ・リヨネ・ピラミッド支店、ケス・デパーニュ・イル・ド・フランスです。
こちらは日本人スタッフ直通の電話番号もあるので語学力が心配な方でも安心して相談、予約ができます。
必要な書類ですが、基本的には有効であるパスポート、滞在許可証と住居証明の三点です。
滞在許可証がない、あるいは滞在許可証を申請するために口座開設をする場合はその旨をスタッフに相談するとよいでしょう。
住居証明には電気やガスなどの公共料金の支払い証明書を用います。
住んだばかりの場合は大家さんに一筆書いてもらい、住居の契約書を持っていくとよいでしょう。
まだ部屋が決まっていない場合にはホテルの宿泊証明、
ホームステイやルームシェアの場合は家主の身分証明書、宿泊証明、公共料金の支払い証明書をもっていく必要があります。
ちなみに日本のように自分で暗証番号を決めることは基本的にはできません。
できるところでも1000円前後の手数料がとられてしまいます。
また、口座開設にあたり、キャッシュカードのみか、キャッシュカードと小切手かを選びます。
日本ではあまり馴染みのない小切手ですが、フランスではスーパーなどで使っている人もいるくらい一般的な支払い方法のひとつです。
たまに家賃の保証金などで小切手で指定されていることもあるのでカードと併せてもっておいた方が無難です。
小切手は使用する際に身分証明の提示が求められることもあります。
また、使用した二日後に引き落とされますのできちんと残高を把握しておく必要があります。

無事に口座開設の手続きが済んだら、3、4日で暗証番号が記載された手紙が届きます。
それがカード、小切手との引換券になりますので失くさないようすぐに銀行へもっていきましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。