パリのメトロ、バス、トラムが乗り放題になるNAVIGOナヴィゴ

フランス国旗

パリに住むなら是非持っておきたいのが「NAVIGOナヴィゴ」です。
このカードがあれば指定区間のメトロ、バス、トラムが指定期間内乗り放題になります。
期間は1週間(月~日、曜日固定)、1ヶ月間(1日~月末)、1年間から選べ、週間・月間は近くの駅の窓口で、
年間はSt-Lazareサン・ラザール駅などの大きな駅の窓口で購入できます。

購入する際には全期間とも写真・身分証明書が必要になります。
加えて、年間のNAVIGOにはRIBという銀行口座の証明書が必要です。
紛失・盗難時は有料(8ユーロ)で再発行できます。

また殆ど同じシステムで写真と記名だけで購入できるNAVIGO découverteナヴィゴ・デクヴェルトというものもあり、
発行手数料に5ユーロかかる他、再発行不可、週間・月間のみで、こちらは旅行者向きかもしれません。

値段は区間(zoneゾーン)ごとに異なり、利用する駅が含まれるゾーンを選択します。パリ市内であれば一番安いゾーン1,2で十分です。
また、有効ゾーン以外に行く時は目的地までの切符(Billetビエ)が必要になります。乗車駅の窓口・販売機で購入しましょう。
(これは日本と大きく異なる点で、後払いなどの精算は出来ない上に、罰金を課せられることがありますので重々注意してください。)
ゾーンというのは、イル・ド・フランス内をパリの中心部からゾーン1、2…と円周が広がる形(放射線状)に6つに分けたものです。
(パリ市内はゾーン1,2、ヴェルサイユはゾーン4、CDG空港、ディズニーランド・パリはゾーン5に入ります。)

たまにメトロやバスを使うという生活環境ではもっと気軽に購入できて、パリ市内のメトロ、バス、トラム共通の切符があります。
1回券(ticketティケ)、回数券(Carnetsカルネ、10枚綴で割安になります)、1日券(Mobilisモビリス、区間毎の料金設定)などです。
ティケとカルネは駅窓口・販売機や街中の売店、ユースホステルなどで購入でき、1枚につき1回のみ利用可能です。
モビリスはゾーンを指定して購入し、利用日と名前の記入のみで指定ゾーン内のメトロ、バス、トラム、RERに1日何度でも乗れます。

注意すべき点は駅から出るまでチケットは捨てないこと(出口で回収されません)、身分証明書は常にもっていることです。
抜き打ちで検閲官がチェックし、チケットがなかった場合やNAVIGOに写真や名前の記入がなかった場合、有効期間ではない場合、罰金を課せられます。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。