パリの自転車レンタルサービス Vélib'(ヴェリブ)

フランス国旗

パリには「Vélib'(ヴェリブ)」という年中無休で24時間使用可能な自転車のレンタルシステムがあります。
毎日の通勤・通学にも、バスや電車のストライキが盛んなフランスで万が一の時にも利用できる交通手段です。
パリ市民はもちろんのこと、観光客も利用でき、年間のべ利用者数27,500,000人を超える世界最大規模の自転車レンタルサービスです。
パリ市内の駅付近や広場近辺などに「Station(スタシオン)」という駐輪ポイントが約300mごとに1200か所あまりあり、
そこに止めてある自転車であればどれでも利用可能です。
また、借りたところと同じスタシオンに返す必要はなく、目的地周辺の別のスタシオンに返却することが出来ます。
各スタシオンに立っている「Borne(ボルヌ)」という機械で利用登録し、1回につき30分間まで無料で使えます。
(登録期間内であれば返却してから時間を空けずに何度でも借りることができ、その際は同じく30分間まで無料になります。)
利用には年間登録と短期間登録があり、年間登録は1年間の契約料金が29ユーロと割安になる代わりに
顔写真などの書類の提出(郵送)が必須になります。
また、登録カード「carte Vélib'(カルト・ヴェリブ)」が手元に届くまで1ヶ月前後かかり、
利用前に5ユーロチャージする必要があります。
短期間登録には1日券(1ユーロ)と7日券(5ユーロ)があり、それぞれ各スタシオンのボルヌで登録することができます。
また、クレジットカードでの支払いのみ有効です。
年間、短期間ともに30分以上の利用は時間にともない料金が発生しそれぞれチャージ、クレジットカードから自動で引き落とされます。
破損や紛失の場合、利用者負担になるので乗る前にタイヤがパンクしていないか確認すること、運転の際の取り扱いには十分気をつけましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。