ドイツ国内の格安移動手段

ドイツはヨーロッパのほぼ中央に位置しているので色々な国へのアクセスが良いのが利点です。またドイツ国内でも例えば北と南では全く街の雰囲気が違うので色々な街を訪れてみるとより深くドイツを知ることができます。
旅の目的や予算に合わせて、移動手段を賢く利用してみましょう。

鉄道

Deutsche Bahn(ドイチェバーン:ドイツ鉄道。JRのドイツ版)では常に様々な都市を結ぶお買い得チケットを提供していますので早めにホームページなどでチェックしてみると良いでしょう。ドイツ国内だけでなく、オーストリアやスイスなど近隣諸国をはじめ、イタリアやスウェーデン、ハンガリーなど、ドイツとヨーロッパ諸国の都市を繋ぐプランがあります。
また、よく知られているのは、Laenderticket(レンダーチケット)と呼ばれる州ごとのチケット(22ユーロから)で、普通列車のみ使用可となりますが、グループ(5人まで、1人追加ごとに4ユーロプラス)で利用するとかなりお得になります。(バイエルンチケットではオーストリアのザルツブルグまでも適用可です。)また、州をまたいでしまうような場合は週末に使えるSchoeneswochenendeticket(ショーネスヴォッヘンエンデチケット)を利用すると同じようにお得です。
ドイチェバーンには、バーンカードと呼ばれるサービスもあり、カードを購入すると割引が受けられるようになっています。長距離列車をよく利用する場合は検討してみるのもいいと思います。

飛行機

ヨーロッパ国内の格安航空券を提供しているのがRyanair(ライアンエアー)。発着都市・日程が限られますが、例えばMemmingen(メミンゲン:ミュンヘンから西へ1時間ほどの街)-ロンドンが片道20ユーロから、など破格の値段で航空券が見つかることもあります。比較的小さな旅客機を使用しているので荷物は機内持ち込み手荷物のみとなります。
ライアンエアー http://www.ryanair.com/de/

鉄道や飛行機に対して比較的安く移動できるのがバス、車です。とにかく安く移動したい、時間に融通がきく、余裕があるという場合はバスや車の乗り合いシステムを利用してみるといいと思います。

バス

2013年よりドイツでは長距離移動のバスが格安で提供されるようになりました。例えばミュンヘン-ベルリン間で片道20ユーロ前後から、所要時間は7~9時間です。早朝・深夜発着の便は比較的値段が安くなります。連休や大学が休みの時期は多くの学生が旅行や帰省に利用するので満席になってしまうこともあります。ドイツ国内だけでなくチェコやスイス、イタリア、オランダなどの都市への路線も提供している会社がほとんどです。もちろん鉄道や飛行機に比べて、渋滞に巻き込まれるといった可能性はありますが、インターネット・トイレ完備で快適なバスも多いようです。

格安長距離バス会社
Meinfernbus  http://meinfernbus.de/
Flixbus  https://www.flixbus.de/

車を持っている人も、持っていない人も利用できるのが乗り合いのシステム。“実家に帰省するけれど、1人なのであと3席空いています”、“コンサートで○○まで行くので一緒に乗せていって欲しい”など、同じ目的地、あるいは途中まででも一緒に乗せていってもらう、乗せることでガソリン代をシェアする仕組みです。インターネット上で日時・金額を検索/提供することができます。見ず知らずの人との乗り合いですので注意は必要ですが、お互いに助け合う効率的な手段だと思います。
Mitfahrgelegenheit http://www.mitfahrgelegenheit.de/
Blablacar http://www.blablacar.de/



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。