ドイツの携帯電話の申込方法と通信キャリア

ドイツの携帯電話の種類は大きく二つに分けることができます。契約がいるものとそうでないものです。契約が必要な携帯電話は申し込みの際に身分証明書(パスポート)と口座が必要です。申し込みの手順などは日本と大差なく、契約期間も大抵の場合二年契約ですが必ずしも強制ではありません。機能などもそれぞれで、日本のものと同じと考えていただければよいでしょう。

次に契約が必要ではない携帯電話ですが、こちらは留学生、出張の方々などに好んで使用されています。(ここでは不適切な言い回しですが)「申し込み」方法は至って簡単で、大手スーパーや家電量販店、インターネット上で携帯電話本体を購入するというものです。
このタイプの携帯電話はプリペード式なので口座も必要なく、もちろん使用するにあたり期限などもありません。お金のチャージ方法としては、携帯会社の店舗に行き使用したい分の料金を支払い(しかし最低金額は決まっています)、受け取ったレシートに書かれた番号に発信するという簡単なものです。また口座を持っている場合はインターネット上や特定の銀行での支払いも可能です。

どのやり方も達者なドイツ語は求められないため幅広い人に利用されています。また契約が必要でないことから、一度携帯を買って使ってもその携帯を簡単に人にあげることが可能です。

また通信キャリアについては、多くの企業が存在します。そのなかでも最大手であるTelekomとVodafoneは特に人気があります。この二つの企業は特に料金が格安というわけではありませんが、充実したサービスと長いキャリアが人気を集めています。使用料金や基本料金は会社によって異なりますが日本と同じく、料金に大きな差はありません。 このようにドイツでの携帯電話の申し込み、利用、また選び方などは日本と似ていてそう難しいものではありません。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。