イタリア都市間を飛行機や長距離電車などの交通機関で移動

イタリア国旗

イタリア国内の移動は飛行機と電車がよく利用されます。

それぞれの特徴やチケット購入時の注意点などを解説します。
イタリアの都市間での移動をスムーズにするためにぜひ参考にしてください。
都市内での移動に使う交通機関については以下の記事をご覧ください。

イタリアの都市内で移動するための交通機関はメトロ(地下鉄)か市営バス

飛行機の場合

・ALITALIA(アリタリア航空)
イタリアの航空会社。イタリアの主要都市を結びます。

・Ryanair(ライアンエアー)
ヨーロッパの格安航空会社。
主要都市のみならず、小さな町にも飛んでいます。
航空券自体は、格安で提供しているのですが、手荷物を預ける場合1つにつき15ユーロ
かかったり、オンラインチェックイン後、コピーしなかった場合コピー代(約40ユーロ)
かかったりするので、利用する場合は、注意事項必読です。

電車の場合

イタリアの電車は、Trenitalia(トレンイタリア)という会社が運営しています。
速くて料金が高い電車から遅くて安い電車まで色々あります。
最近ではFreccia Rossa(フレッチャ ロッサ)という日本でいう新幹線のような
電車もできました。

イタリアの交通機関はよく遅れるとよく言われますが、本当です。
このFreccia Rossaはあまり遅れることがないようなのですが、
他の遅くて乗車料金が安い電車は、長距離になればなるほど遅れる確立が高くなります。
電車の種類は速い順から

Freccia Rossa(フレッチャロッサ)

Freccia Bianca(フレッチャビアンカ)

Eurostar(ユーロスター)

Intercity(インテルシティー)

Reggionare(レッジョナーレ)

の5種類です。

切符は駅に、窓口と自動切符売り場(英語有)で購入するか、インターネット上で購入し、チケットをプリントアウトする方法もあります。

駅の窓口や自動切符売り場で購入した切符は電車に乗り前に刻印しなければいけません。
駅のホームに黄色い小さな箱のようなものがあるので、そこに切符を差込むと日付や時間などが刻印されます。切符を購入しても、この検札の際、刻印がなければ罰金をとられてしまうので要注意です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。