イタリア、ボローニャの有名なスーパーマーケットとその特徴

イタリア国旗

イタリアでの生活にかかせないお買い物。できるだけ安くていい買い物がしたいですよね。
基本的に、中心街にあるスーパーは小さくて、やはり商品の値段もお高めです。
中心街から離れたところにあるスーパーほど、大きく、値段も安くなります。
イタリアのスーパーは日曜日は午前中だけ営業しているところもありますが、基本的には休みです。
平日も日本のように遅くまで営業はせず、遅いところで21時までです。

ボローニャの主なスーパーとその特徴

・Plenty(プレンティー):ボローニャの中心に何件かあります。高めです。
・Conad(コーナド):中心街にあるものは高めです。
中心街から少し離れたところにあるものは、そんなに高くないです。
・Coop(コープ):コープブランドの食品あります。安いほう。
中心街から少し離れたところにあり、店内も大きめで、買い物しやすいです。
・Esselunga(エッセルンガ):中心街から13番のバス(BorgoPanigale方面)に乗り、SantaViola駅にある大きなスーパー。安いです。
・Pam(パム):中心街にありますが、比較的安く、品揃えもいいです。生魚も買えます。
・Via Larga(ビアラルガ):ボローニャ郊外にありますが、ショッピングモールのようになっていて、中に大きなスーパーがあり、安いですが、中心街から遠いので少し不便です。
・Carrefour(カリフール):日本にもあるカリフール。ボローニャの郊外にありますがとても大きくて安いです。ボローニャ駅から電車、またはバスで行く事ができます。隣にはIKEAもあります。

イタリアのスーパーで、野菜やフルーツの買い方は、まず買いたい分だけ袋につめ、それぞれの品物ごとに番号がありますので近くに重さを量る計測器のようなものがあるので、袋を乗せ、番号を押すと、値札シールが出てくるので、それを袋にはってレジでお金を払います。

あと、最近では、エコバックを持参で行かないと、袋代が10セント掛かります。
しかしその10セントでもらえる袋がとても弱く、商品を詰め込んでいく際にすぐ
破れてしまうことがほとんどなので、買い物の時はエコバックを忘れずに♪



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。