イタリアのMercato(蚤の市、市場)で買い物をする

イタリア国旗

 イタリアは各都市でMercato(蚤の市)がよく開催されます。開催される日は地域によってバラバラですが、フィレンツェなどの観光都市は毎日夜7時半頃まで開かれています。

 私が住んでいるボローニャもPiazza Otto Agostoという広場で毎週金曜日と土曜日の朝から蚤の市が開かれます。売られているものといえば、靴、服、下着、日用品、キッチン用品、バスルーム用品、カーテンと何でも格安で手に入ります!

 例えば靴は、2ユーロからあり、さすがに2ユーロのものは山済みにされていて、誰が買うのだろう?というものばかりですが、10ユーロくらいのものなら可愛いものが結構ありワンシーズンでOKという方などにはお勧めです。

服は1ユーロからあり、5ユーロも払えば暖かいセーターが買えたりします。冬にはファーなども売っていて、フィレンツェだったら60ユーロくらいするものが40ユーロとかで買えたりします。
靴下やレギンスなど売っているところがあり、2ユーロ~3ユーロで売っているすごく暖かくて履き心地がいいタイツはお勧めです。

キッチン用品(食器洗剤やスポンジなど)とバスルーム用品(シャンプー)は品物にもよると思いますが、スーパーの方が安いと思います。
その他、布巾やテーブルクロスなどはお買い得です♪

後、インドやアフリカっぽい柄の布やベッドカバーや絵や置物などもあるので、見るだけでも楽しめます。

最後に、この蚤の市は本当に色々なものが安く手に入っていいのですが、たまにどうしようもない不良品にあたっちゃたりします。一度雨が降って来たので3ユーロの折りたたみ傘を購入したんですが、開いた瞬間針金のところがグネって曲がって指が挟まり大変なことになりました。もちろん返品してお金返してもらいましたけど。安すぎるものには注意です!
あと、週末ですのですごい人です。スリにも気をつけながらショッピングを楽しんでください。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。