韓国で効率的に仕事を探せる求人サイトなどのツールと就職活動の方法

韓国国旗

韓国で仕事をするためのビザの条件もクリアして
さていよいよ本格的に仕事をするぞと言うときに、
どうやって仕事を探せばいいでしょうか。
いくつかの方法をご紹介しましょう。

掲示板を利用する

インターネット

在韓日本人向けの生活情報サイトの掲示板にはさまざまな書き込みがあります。
これらの求人情報を見て、履歴書を送付したり、仕事について問い合わせたりします。
日本人向けのサイトなので日本語で書かれている場合がほとんどで、
日本人を求めている職場の求人がたくさんありますので、活用するといいでしょう。

語学学校や交流カフェ

語学学校や日韓交流カフェにも、求人コーナーなどの掲示板が設置されている場合がほとんどです。
紙に書かれた求人案内を見て、気になる所には積極的にアプローチしてみてもいいでしょう。

求人サイトを利用する

外国人(日本人)向け求人サイト

韓国にいる日本人のための求人情報が集まっています。
JobSagase: http://www.sagase.co.kr/ 

韓国の求人サイト

情報量は圧倒的にたくさんあります。
もちろん韓国語での表記です。
外国人を採用しているかどうかは分からない場合もあります。
気になる所があれば、問い合わせてみるといいでしょう。
ジョブコリア: http://www.jobkorea.co.kr/
アルバ天国: http://www.alba.co.kr/
Saram in: http://www.saramin.co.kr/zf_user/

就職したい会社に直接問い合わせる

もし働きたい会社があれば、直接問い合わせるのもいいでしょう。
お店などでアルバイトをしたい場合は、店先にアルバイト募集の貼り紙をしてある場合もあります。
飛び込みでも行ってみるといいかもしれません。

知り合いからの紹介

普段から人脈を広げておくと、紹介でお仕事をいただけることがあります。
特に韓国社会では、人と人との関係がとても大切です。
学校の先生や周囲の人々に、自分のしたいことや特技、興味、仕事を探している旨などを伝えておくといいでしょう。

仕事をすることで人間関係も広がり、友だちもでき、また語学の上達にもなります。
ことばに自信がないと言って外に出ないよりは、積極的に出て行ってアルバイトすることで充実した海外生活が送れるでしょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。