ジロやインターネット納付など韓国で電気やガス、水道代といった公共料金を支払う方法

韓国国旗

電気やガス、水道代。
ワンルームやオフィステル、アパートなどで暮らす場合は、日本と同じようにこれらの公共料金を支払わなければなりません。
いったいどんな支払い方法があるんでしょうか。

ジロ:月額請求書が毎月送られて来て、それを持って銀行に行き、銀行口座振り込みをする

自動納付:銀行やクレジットカードから自動的に引き落とされる

インターネット納付:ネットバンキングで支払う

コンビニ納付:コンビニ振込で、銀行が開いていない時間でもできるのが便利

一般的にこの4つの支払い方法があります。
特に自動納付などの手続きをしていなければ、「ジロ」という毎月銀行に口座振り込みをする形となります。

冬には高いガス代

冬にはどうしてもオンドルをつけっぱなしにするので、ガス料金が高くなります。

たとえば一人暮らしでは
夏はガス料金が15,000ウォンでも、冬になると60,000ウォンに跳ね上がることも。
中には90,000ウォンにもなることもあるようです。
4人暮らしの家族では、夏のガス代が40,000ウォンでも、冬は100,000ウォン以上に。
これはある意味しかたのないことなんです。
もちろん節約するのにこしたことはありませんが、ある程度の出費は覚悟した方がいいようです。

遅延料

支払いを期日までに行なわないと遅延料が発生し翌月に加算されてしまいます。
しっかりと支払うか、うっかりしないよう自動引き落としにするのもいいかもしれません。
未支払い金額の2%なので金額的にはそんなに大きくはありませんが、
無駄な出費ですので、できるだけ遅れずに支払いましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。