ハスクやコシウォン、コシテルなど韓国での住宅・住居環境

韓国国旗

ひとことで住居と言っても、いろいろな種類があります。
家族と一緒なのか一人暮らしなのか。
誰かとシェアするのもOKなのか、それとも絶対一人部屋なのか。
いろんな希望があるでしょう。

日本人が主に利用するいくつかの住居のタイプをご紹介しましょう。

下宿

下宿(ハスク)は、韓国にたくさんあります。住宅の中の部屋を間借りして住むスタイルで、トイレやシャワーは共同のことが多くあります。
また、だいたい下宿の主人がご飯を作ってくれるので、朝ご飯と夜ご飯は心配いりません。
インターネットやテレビ、ベッドなどもついている場合がほとんどです。
家賃の相場は約30~50万ウォン。
ひとり部屋ではあっても、他にも住民がいるのでプライバシーば守られない場合もあります。
また、主人によってご飯の量やおいしさ(?)が異なるので、どんな主人かが、下宿選びにはカギとなります。
できれば、前に住んでいた人に話を聞いたり、実際に見に行くのがいいでしょう。
留学生に人気の住居なので、大学のそばには下宿街がある場合が多くあります。

コシウォン、コシテル

コシウォンとは漢字では「考試院」と書きます。
「考試」とは韓国の司法試験のこと。
そのために、勉強を一生懸命するために、部屋を借りて住んだのがコシウォンです。
もちろん受験目的でなくても入居できます。
昔は、窓もなく3畳くらいの狭いスペースでしたが、最近は、窓はついているようです。
トイレやシャワーは共同の場合がほとんどですが、中には、トイレやシャワーが部屋の中にあるコシウォンもあります。
このようなちょっと快適なコシウォンを「コシテル」と言う場合もあります。
家賃の相場は約20~50万ウォン。
下宿とは違うのでプライバシーは守られます。ただ、やはり狭いというのが難点です。

ワンルーム

日本のワンルームマンションと同じスタイルです。
家賃は地域や支払い方法、建物の古さなどによってもさまざまですので、不動産で確認する必要がありますが、保証金の金額によって毎月払う家賃の金額が変わってきます。

まとまった資金があれば、月々の家賃は安くおさえることができます。
オフィステルといわれる、高層ビルに入っているワンルーム、また日本のアパートのようなビラと言われる低層の建物のスタイルなどがあります。

アパート

家族で暮らす場合や駐在員などには、やはりアパートが人気です。
韓国ではアパートというと、日本のマンションにあたる、高層のビルに入った部屋になります。
2LDKや4LDKなどがあり、分譲や賃貸など、いくつかの種類があります。
たいていのビルの1階には警備員が駐在し、駐車場も完備しています。
しかし家賃が高いため、外国人滞在者にはなかなか手が出ないという現状でもあります。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。