韓国でコンビニから国内宛てに宅配便を送る方法

韓国国旗

日本に荷物を送りたい場合は郵便局を利用する場合が多いけれど
韓国で生活していると、韓国の別の地方に宅急便を送りたい場合も出て来るはずです。

日本ではコンビニなどで簡単に宅配便が送れますが韓国でも事情は同じです。
また、日本のように特に住所などを書類に記入する必要がありません。
すべてコンピューターで管理されています。

荷物を梱包して最寄りのコンビニに行きます。
送り先の住所は、メモ帳などにメモしておくといいでしょう。
コンビニのレジで宅急便を送りたい旨を伝え、そばにあるスケールに荷物を載せます。
送り先の住所をコンピューターで入力します。
文字の最初の部分を入力すると、どんどんと選択できる住所が出て来ますので、その中から、送り先の住所を選んで行けば入力が完了します。
受け取り人の入力が終わったら、最後に差出人(本人)の住所や名前などを入力します。
これも選択式で入力して行きますので、すぐに終わります。
すべて終わるとシールのようなものが出て来ます。
レジの人がこれを荷物に貼ってくれます。これが伝票になるわけです。

梱包した荷物の重さに合わせて計算がされますので、その金額をレジで支払います。
通常、韓国内であれば翌日~2日ほどで届きます。

会社などで働いていると、その会社で特にいつも利用している宅急便などがあります。
会社に荷物を取りに来てくれる場合もあります。

日本に比べると、やはり荷物の扱いが少し雑に感じることがあるかもしれません。
特に割れ物を送る場合などは梱包をしっかりとするといいでしょう。
少し手間がかかっても、壊れてからでは遅いですからね。

料金は、宅配会社によって異なりますが、350グラム以下は約2500ウォン(チェジュ島は別料金)、1キロで約4000ウォンです。
日本よりもかなり安いですよね。

韓国内で宅急便をする機会がある場合には、
ぜひコンビニから送ってみてください。
何か分からないことがあれば、店員さんに助けを求めれば
たいていの場合、助けてくれますよ。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。