韓国で出産した場合の日韓夫婦の出生届けの出し方

韓国国旗

子どもが生まれるのは本当にうれしいこと。
周りの人からも多いに祝福を受けてください。
特に日韓夫婦の間に生まれた子どもは
どのようにして出生届けを取得すればいいのでしょうか。
韓国で出産した場合についてご説明します。

まず、出生証明書を取得します。
出産した病院で、出生証明書を取得します。
詳細は、病院にお問い合わせください。
医師に記入してもらう証明書なのですぐに発行されます。

次に韓国側で出生届を出します。
届け出の場所は、出生者の登録地(本籍)、または住民登録してある場所の役所。
あるいは届出人の住所の役所。
届け出は、出生から1カ月以内に行ないます。
必要書類は、出生証明書、出生申告書(出生届)、父または母(どちらか韓国人の方)の家族関係証明書、婚姻関係証明書、そして、届出人の身分証明書と印鑑です。

韓国での届け出が終わったら、日本でも出生届を出します。
韓国内では、日本国大使館の領事部で出生届が出せます。
日本国内では、出生から3カ月以内に届け出ることができます。
通常は14日以内の届け出ですが、海外での出生の場合には3カ月と、少し時間に余裕があります。
必要書類は、出生届、出生証明書(翻訳文)、届出人を確認できる公文書(パスポートなど)、日本人の印鑑です。

赤ちゃんが生まれた後は、大忙しです。
お母さんは動けませんから、周りの人が忙しくなりそうですね。
それでもこのような届け出をしっかりとしなければなりません。
素晴らしい祝福が新しく生まれた赤ちゃんにありますように。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。