韓国でのインターネット接続方法 プロバイダーの種類と月額利用料金

韓国国旗

韓国で生活を始めるとき、家具などをそろえるのと同時に準備したいのがインターネット回線。
最近ではインターネットにつながっていないと不便なくらい、生活の一部となっています。
寮や寄宿舎、コシウォンなどは、インターネット回線がすでにあり、加入手続きが不要な場合もたくさんあります。
しかし、回線が引かれていない場合には、契約する必要があります。
大家さんに話して、大家(管理人)を通して契約する場合もありますが、今回は自分で契約する方法をご紹介しましょう。

プロバイダーは2種類

・通信会社系のプロバイダー
SKテレコムやKTF、LGテレコムが母体となったプロバイダーで、インターネット電話などのサービスもあります。

・ケーブルテレビ系のプロバイダー
インターネットとケーブルテレビの契約がセットになったプランもあります。いくつか種類はありますが、たいてい地域のケーブルテレビ会社に申し込みます。

ちなみにLGは外国人の加入は不可能ですが、ほかは外国人登録証があれば申し込めます。
料金はいろいろなプランがあるので慎重に決めたいですね。
契約期間が長ければ長いほど、月間利用料金は安くなります。
しかし途中解約すると違約金も課せられるので注意が必要です。

目安としては、月の利用料金が約30,000ウォン、モデム使用料が8,000ウォン、合計で38,000ウォンくらいと考えればいいでしょう。

支払い方法は、翌月の後払いが一般的です。
口座振替やカード払い。あるいは請求書が届いてから支払う月額請求書もあります。

利用申し込みをホームページなどからするか、電話、または加入ブースでします。
日本語対応ができるところもあります。
申し込みをすると、開通工事の日取りを決めなければなりません。
きまった日におじさん(開通工事担当)が家に来てくれます。
そして約30~1時間で、家にインターネットの回線を開通させてくれます。
パソコンも「このパソコンでお願いします」と言えば、全部、使える状態にセットまでしてくれます。とっても便利です。

日本に帰国したり引っ越しをする場合などは、解約手続きも忘れずに。
プロバイダーのホームページから解約手続きが可能です。(外国人登録証のコピーをファックスしなければならない場合もあります)

インターネットがなければ生きていけない!
そんな人も多いはず。
韓国での生活のまず始めに準備したいですね。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。