韓国で車を運転するための免許証の取得方法3パターン

韓国国旗

ソウルの街を歩くと、車がたくさんあることに驚くと思います。
ソウル市内は地下鉄やバスもあるので交通に不便はありませんが、地方に出ると車が必需品になります。
日本と同じように韓国でもドライブを楽しみたい!
そのためには3つの方法がありますので、簡単にご紹介しましょう。

1.国際運転免許証を取得する

日本国内の警察署か運転免許センターで取得することができます。
韓国に来る前に事前に準備しておきましょう。
写真(5×4センチ)、パスポート(または渡航を証明するもの)が必要です。
有効期間は1年間です。

また渡航した後に、日本にいる人に頼んで代理人となって取得してもらうこともできます。
その場合は、必要書類に加え、本人から代理人への依頼文書、および、依頼された代理人であることの証明書(身分証明など)、また委任状が送られて来たエアメールの封筒をあわせて提出する必要があります。

申請期間は日本の運転免許証の有効期限内です。
また国外運転免許証の有効期限が満了したら近くの運転免許センターか警察署に返却することとなっています。

2.日本の免許を韓国の免許に切り替える

日本で運転免許を持っている場合には、韓国の運転免許に切り替えることができます。
学科試験や技能試験などは免除されます。
この場合、一時的に日本の運転免許証を預けなければなりません。
それと引き換えに韓国の免許証をもらうというわけです。
もちろん、韓国出国時には日本の免許証を返してもらえます。
出張などで日本に帰って運転することがある場合は、パスポートや航空券、韓国の運転免許証を提示し(返納しなくて大丈夫です)、日本の運転免許証を返却してもらいます。
韓国に再入国した際には、再び日本の免許証を預ける必要はありません。

全国の運転免許試験場、またはソウルグローバルセンターで手続きが可能です。
必要書類は、
申請書
日本の運転免許証
パスポート
外国人登録証
写真(3×2センチ)2枚
日本の免許証に対する翻訳公証
日本の運転免許証証明書(領事館で発給)
手数料11,000ウォン

3.韓国で運転免許証を取得する

日本で免許証を持っていない人は、韓国で現地の運転免許を取得できます。
韓国で取得した免許を日本に帰国後、日本の運転免許証に切り替えることもできます。
日本と同じように自動車学校に通いながら運転免許証を取得します。
日本に比べて、自動車学校の費用は半分から3分の1。
取得までにかかる時間も、個人差はありますが約1カ月。
韓国の自動車学校なので、もちろんすべて韓国語で行なわれます。

以上3つの方法があります。
快適なドライブ生活で、韓国での滞在がさらに楽しくなるといいですね。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。