韓国でテレビ番組の種類とケーブルテレビへの加入方法

韓国国旗

ことばを覚えるのも、テレビを通して覚えたい!
そんな人もたくさんいるはず。
寄宿舎やコシウォンなどの入居する場合は、すでにテレビが設置されている場合がほとんどですが、そうでなければ個人契約をしなければなりません。

韓国では地上波、ケーブル、デジタルケーブル、スカイライフ(衛星放送)の4種類。
チャンネル数も70~170とたくさんあります。
音楽から映画、ドラマ、ニュース、スポーツ、教育など、たくさんの専門チャンネルがあります。

テレビを見ながら韓国語の練習!といいながら、ついついテレビに没頭してしまうこともあるかもしれませんね。

ケーブルテレビへの加入方法

地域のケーブルテレビ会社に連絡します。
インターネットと合わせたプランも多いので、その方がお得な場合もあります。
外国人は外国人登録証や銀行口座のコピーがあれば加入できます。
デジタルケーブルにする場合には、月額基本料の他に、モデムレンタル料が毎月かかります。そのほかに設置する際に受信機価格が約20万ウォンかかります。(スカイライフもアンテナや受信機の料金として22万ウォンほどかかります)。

最初の設置の際にお金が若干かかりますが、やはりデジタルケーブルは、ケーブルよりも鮮明な画質を楽しめるので人気です。

画質をあまり気にしない(それでも高画質)というのであれば、ケーブルテレビでも十分でしょう。この場合は地域によって異なりますが月額基本料薬12,000ウォンで70のチャンネルを楽しむことができます。

テレビも設置して、耳からもたくさんの韓国語を入れてみましょう。
ニュースチャンネルなどで、ニュースを聞くことも勉強になりますし、
ドラマを見て楽しみながら韓国語を勉強することもできます。
生活には欠かせないテレビ。
せっかく韓国に住んでいるんですから、韓国の文化にたくさん触れてみましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。