SKテレコム、KTF、LGテレコムなど韓国の携帯電話と通信キャリア

韓国国旗

韓国に来て、まず手に入れたいのが携帯電話。
短期の滞在なら日本の携帯を使う場合もありますが、やはり通信料がバカになりませんよね。
長期滞在なら携帯電話は必需品です。

今回は韓国の通信キャリア(日本のドコモやauやソフトバンク)についてご紹介しましょう。
韓国にある携帯電話の通信会社は3社です。

月額制で契約する

毎月の基本料と通話料金を後払いする方法で、最も一般的な契約方法です。
いろいろな料金プランがあります。

SKテレコム

国内で圧倒的なシェア(50%)をもちます。
保証金(20万ウォン)を払えば、外国人でも自分名義で携帯電話を持つことができます。
加入費は55,000ウォンと少し割高です。

KTF

加入費は30,000ウォンですが、韓国内で発行されたクレジットカードの提示が必要です。

LGテレコム

KTFと同じく、加入費は30,000ウォンですが、韓国内で発行されたクレジットカードの提示が必要です。あるいは通帳のコピーを提示します。

これを見ると、学生など、仕事をもたない人がクレジットカードを持つことはできないので、月額制で自分名義の携帯を利用するのは難しいです。韓国人の知り合いがいる人は、その人に頼んで名義を借りて契約するという場合もあるようです。

プリペイド式で契約する

SKテレコム、KTF、LGテレコムの3社とも、プリペイド式の携帯電話を購入することができます。
約1~2万ウォンのチャージで1カ月くらい利用できるので、とても便利です。
外国人はパスポート、または外国人登録証があれば自分名義での契約が可能なので旅行者でも簡単に利用できます。

各通信会社の直営店や代理店、また携帯ショップ(3社すべての商品を扱う)、あるいは電気街などには、たくさんの携帯ショップが並びます。
日本語が通じる携帯ショップもあります。

各社の料金などを見比べて契約するといいと思いますが、最近ではどの通信会社の料金も、あまり大きな差はないようです。
日本よりもWi-Fiの環境が整っているソウルの街では、街のあちらこちらで、Wi-Fiを拾うことができます。
各通信会社と契約していると、その通信会社のWi-Fiに無料で接続できるのでとても便利です。

携帯電話を使って、通話だけでなくSMSメッセージサービス(ムンチャ)を利用するのもお忘れなく。
韓国人の知り合いとムンチャでコミュニケーションをとると、最近流行っていることばや表現なども学ぶことができますよ。
携帯ショップを比較しながら、自分にあった通信会社で自分にあった機種に出会えるといいですね。楽しい韓国生活が待っています!



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。