韓国の黄砂の季節と黄砂への対策

韓国国旗

日本には花粉症の季節がありますが
韓国には黄砂の季節があります。
季節は春。
気候も暖かくなって気持ちもよくなって来た頃に、ちょうど日本に花粉症が来る頃、韓国は黄砂に悩まされます。
深刻な社会問題ともなっている黄砂。
黄砂が飛んでいる日は、町の中が黄色がかっています。
ひどい日には学校が休校になることもあるんです。

黄砂とは

中国内陸部の砂漠地帯から飛んで来た砂です。
ただの砂なら問題ないのですが、大陸を越えて飛んで来る間に、経済成長で工場の増えた中国の工業都市の上を飛んで来るのです。
ですから韓国に到着する頃には、人体に有害な物質を含んだ砂となっているのです。

黄砂による影響

街全体が黄色くぼやけて霧がかかったようになる黄砂が大量にある日は、小中学校などは、臨時休校することもあります。
黄砂に含まれる化学物質により、咳や鼻水、気管支炎やぜんそく、目や皮膚のアレルギーなどを引き起こす場合もあります。
外出時は、しっかりとマスクをして外出する必要があります。
特にお子さんは、影響を受けやすいですので、マスクを忘れずに。

黄砂の対策

まずはマスクです。
薬局などで大型のマスクを購入することができます。
顔全体を覆う大型のマスクもあります。

サングラス

コンタクトを使用している人は、使い捨てタイプをこの時期には使うことをおすすめします。
サングラスなどで目も守ってあげましょう。

サムギョプサル

豚肉は体にいいということで、黄砂の時期に特に食べる人が多いようです。
もちろん、他のときに食べてもいつもおいしいのがサムギョプサルですが…。

うがい薬、目薬など

外出から帰って来たら手洗いをしっかりとしてうがいもしっかりしましょう。
実は喉で「ガラガラ」とうがいをするのは、日本だけ。
韓国ではうがいというと「クチュクチュ」とするのが一般的ですが、日本式に「ガラガラ」とうがいするのが、黄砂には効果的です。

この季節、日本の花粉症対策グッズと同じように、黄砂対策グッズがマートやドラッグストアに並びます。
3月から5月の気温の低い乾燥した日に多いと言われる黄砂。
花粉のように毎日あるわけではありませんが、天気予報などでは黄砂の量などの情報もチェックできます。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。