トルチャンチとトルチャビ 韓国で子供が1歳になったらするお祝い

韓国国旗

韓国では子どもが1歳になったら
盛大にお祝いをする風習があります。
昔はとても貧しい国だった韓国。
1歳まで生きることができたら、本当に大宴会を開くほど嬉しかったということです。

このお祝いをトルチャンチといいます。
トルは1年になる日のこと。
チャンチはパーティーのことです。

今は家庭でケータリングをするなどして
家族だけでお祝いをする場合もあれば、
ホテルやレストランを借りて友人などを招き
盛大に行う場合もあります。

赤ちゃんは、新しく用意した子供用の韓服を着ます。
お祝いの食べ物として必ずあるのが
韓国のお餅と果物です。

またトルチャビという行事を行います。
これは、子どもの前にテーブルをおいて
そのテーブルの上にいろいろな物を置きます。
そして子どもが何をつかむか見るという行事です。
チャビとは、つかむということです。
お金やお米を取ると、将来金持ちになるといわれたり、
本や鉛筆などだと、学者になり、
糸の束を取ると、糸のように長く生きられると言われたりします。
最近では、コンピューターのマウスやマイク、
聴診器などを置いたりもします。
とても楽しいひと時です。

トルチャンチに招かれたらお祝いを贈りたいですが
金の指輪を贈る場合が多いです。
また、銀のスプーンとお箸のセットなどを送ることもあります。
現金を包む場合もあります。

ホテルなどで行なう場合は
まるで結婚式のように、パパの友だち、ママの友だちが集まり
ゲームをしたりして
お返しのお祝いをプレゼントする場合もあります。

また、子どもの写真をプロの写真家にとってもらい
アルバムを作る習慣もあります。

子どもの成長を祝う韓国の風習です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。