韓国のお酒の席でのマナー 手酌や注ぎ足しはNG

韓国国旗

韓国で生活していると
特に韓国人の同僚といろいろな名目でお酒を飲む機会があるかもしれません。
韓国人たちは楽しむのが大好き。
2次会、3次会と夜遅くまで楽しむようです。

そんなときに覚えておきたいマナーをご紹介しましょう。
日本とは少し違う部分があったりしますので
理解しておくだけでも、後々役立つかもしれません。

手酌はNG
日本では、宴会の席でも、マイペースに手酌をしてしまうことがありますよね。
しかし、韓国では、お酒は、みんなで楽しく飲むもの。
だから、注ぎ合うことが基本なのです。
手酌はNGですが、空になるとすぐに周りの人が、注いでくれるでしょう。

注ぎ足しはNG
日本でも、確かに先輩や上司に手酌をさせないために「さあ、どうぞ」と
グラスが半分くらいあくと、お酌をしますよね。
しかし、韓国では、注ぎ足しはNGです。
つまり空になった器に、注ぐということです。
亡くなった人のための儀式の中に、お酒を注ぎ足すという行事があるため、
みな、それを連想するのでしょう。
もし、グラスにまだお酒が残っているのに、「さあ、どうぞ」といわれたら
残っているお酒を飲み干して、グラスを差し出しましょう。

お酒は適量を超えると、健康に害を与えます。
また飲酒運転も絶対にいけません。

また韓国では、お酒を飲んだ後は「ヘジャンクッ」といい、
酔いを醒ます食事をするなど
みんなで楽しむことが大好きです。

飲み過ぎず、楽しい飲酒を楽しみましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。