韓国に3カ月以上滞在する場合に必須の外国人登録の方法と必要書類

韓国国旗

韓国では、韓国人は住民登録証というのを持っています。
一生に一度取得するもので、再発行するようなことがあっても、その番号は変わりません。
また病院などに行ったときにも、この住民登録証一つですべて解決します。
インターネットのサイトの会員登録も、この番号が必要です。

では、海外に長期滞在する外国人はどうするかというと、外国人登録をする必要があります。
その際に発行されるカードと番号があり、これを韓国人の住民登録証と同じように身分証明として用いることができるのです。
サイトの会員登録、保険、銀行口座の開設、その他さまざまなことに、この番号が必要です。
韓国に3カ月以上(91日以上)滞在する場合は、必ずこの登録を行なわなければならないのです。

必要書類

以上で申請することができます。
地域の出入国管理事務所、または出張所に行きます。
通常3、4日で発給されます。(まれに1週間かかる場合もあります)
再度、指定された日に出入国管理事務所に出向き、外国人登録証を受け取ります。
遠くて事務所に出向くことば難しい場合には、宅配便で配達してくれますので窓口で相談してみてください。

出入国管理事務所では、再入国許可を取得することもできます。現在のビザを維持したまま、一度海外に出て、再入国するための許可です。
しかし日本は現在は再入国許可なしでも、ビザを維持したまま再入国できるようになっています。
わずらわしさが省けて便利ですね。

また空港で再入国する際には、外国人登録証もパスポートと一緒に見せなければなりません。

韓国での生活の第一歩。外国人登録から始めましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。