韓国での冬の健康管理

韓国国旗

韓国に来てから、風邪を引きやすくなったという話を聞くことがあります。
日本ではあまり風邪を引かなかったのに
冬になると咳が止まらないという日本人が多いようです。
環境が変わったせいで、免疫力が弱まっていることもあるのでしょうが
冬に咳が止まらないというのは、本当に苦しいですね。

韓国の冬はとても乾燥しています。
その上、家の中ではオンドルという暖房器具で
床暖房をしていますから
部屋の中もカラカラです。

そのために気管支をやられてしまい、
環境性気管支敏感症というものにかかってしまう場合が多いようです。

対策として、いくつかご紹介しましょう

部屋の湿度を上げる

加湿器を使うことができます。
韓国では日本よりも加湿器の普及率が多いようにも思います。
家の中に一つは設置して
特に冬場には湿度をあげましょう。

あるいは、ぬれたタオルなどをハンガーにかけて干しておくこともできます。
赤ちゃんのいる部屋などでは、特に湿度に気をつけてあげましょう。

温度差に気をつける

韓国の冬、家の中はオンドルのおかげでぽかぽかです。
中には、部屋のなかで半袖を着ている人もいるくらいです。
しかしそれでは、屋外との温度差があまりにもありますぎますよね。
ちょっと外にゴミを出しに行ったりするときに
気軽にいってしまう場合があるかもしれませんが、
それが体によくありません。
ちょっと外に出るときにも、きちんと防寒して外にでましょう。

マスクをする

外を歩くときにはマスクをするのが一番です。
面倒くさがらずに、口周りをマスクで覆うことにより
喉を湿らすことができます。
顔全体を覆うような大きなマスクも売っています。
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、
咳に悩まされるよりはずっといいですよ。
特に、お子さんたちには登下校時にマスクをするようにしたらいいでしょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。