マレーシアでの幼稚園の種類と選び方

 家族帯同でマレーシアに住む時に、頭を悩ませることの一つに子供の幼稚園があります。大都市ではその選択肢は多く、田舎になるにしたがって少なくなります。子供だけではなく、親にとっても無理のない、家族に合った幼稚園を選びましょう。

幼稚園

 クアラルンプールなど大都市には日本人向けの幼稚園があります。資格を持った先生がいますから、日本とほぼ同様の内容の教育です。相談事や連絡など全て日本語ですから、子供だけでなく親も安心です。

 子供のうちから、他の言語に慣れて欲しいということであれば、インターナショナル学校付属の幼稚園があります。ここでは、一日の中で、時間割に応じて言語が変わります。基本的に英語・マレー語・中国語の3ヶ国語がありますが、各幼稚園の方針によって、その比重は変わってきます。学校とのやりとりは英語が多いですから、親もある程度の英語力が必要となります。また、小学校をインターでという場合、入学試験がある所も多いので、試験がない幼稚園から通わせるというのも一つの考えです。

 地元の中華系の幼稚園も選択肢の一つです。早い時期から漢字の書き取りなどもあります。もちろん中国語の漢字は全く同じではありませんが、漢字に慣れるという点では日本人にとってプラスになりますね。園とのやりとりは英語と中国語です。漢字による筆談も可能ですから、以外と楽なこともあります。ただし、授業は若干厳しく、宿題が出ることもよくあります。

 地元のマレー系の幼稚園の場合、基本言語はマレー語です。子供同士は言葉関係なしに仲良くなりますが、園とのやりとりは親にとって、かなり難しくなります。もちろん、先生の中には英語を話す方もいますが、ある程度覚悟は必要です。

 幼稚園によっては、制服や体操服などもあり、これがなかなか可愛らしいものです。また、送り迎えの方法もいろいろありますから、詳細を聞きがてら、見学をさせてもらいましょう。

以下参考にしてください。

クアラルンプール日本人会幼稚園

JSKL – クアラルンプール日本人学校 幼稚部



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。