日本人学校やインター校や中華系など、マレーシアでの学校選び

マレーシア国旗

 幼稚園選びの記事でも触れましたが、家族帯同でマレーシアに住む時に、頭を悩ませることの一つに子供の学校選びがあります。住む場所によって選択肢もだいぶ変わってきますが、幼稚園以上に子供の進学先なども考えなくてはいけませんから、将来を見据えながら、家族に合った学校を選びましょう。

まず最初に考えるのが、日本人学校です。半島側ではクアラルンプール、ペナン、ジョホールバル、東側ではコタ・キナバルにあります。基本言語はもちろん日本語、教育内容は日本とほぼ同様ですから、帰国後もすぐに日本の学校に溶け込めやすいのが魅力です。小学部・中学部があります。

他の言語に慣れて欲しい、子供が高校生、帰国後に帰国子女枠で大学入試を考えている、大学は海外留学を考えている、などの理由なら、欧米系インターナショナル学校です。基本言語は英語です。その他マレー語、中国語、学校によってはその他の言語も勉強することができます。いろいろな国籍の生徒が在籍しています。教育内容は学校によって若干異なります。学費は全体的に高めです。

インター校でも、ローカル系の場合、学費は若干安い傾向があります。基本言語は英語とマレー語というところが多いです。教師はマレー人が多く、マレー英語(くせが強い)での授業、生徒はアジア系が多いです。インター校は欧米・ローカル系どちらも、小・中・高校まで通えるところがほとんどです。

中華系の学校もありますが、基本言語は英語と中国語です。公立と私立の二種類があり、公立は小学校までです。宿題が多いのが特徴です。
どちらを選ぶにしても、学費の他に、食事代、送迎バス代など必要経費もありますから、詳細を聞きがてら、しっかりと自分の目で確かめることをお勧めします。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。